毎日1冊、こちょ!の書評ブログ

2013年8月から毎日、「そうだったのか」という思いを綴ってきました。

金融業が儲かっていいのか?~『 金融に未来はあるか』ジョン・ケイ氏(2017)

 金融に未来はあるか―――ウォール街、シティが認めたくなかった意外な真実

 ケイ氏はイギリスのエコノミスト、我々は金融とどうやって付き合っていけばいいか?(2017)

かつての銀行の支店長

(1960年代イギリスでは銀行に入って)そこそこ真面目に勤めれば、20年かそこいらで支店長になれるかもしれない。支店長といえば地域社会の名士だし、ゴルフクラブロータリークラブの昼食会で社交するのも仕事のうちだ。会計士や弁護士、医者、聖職者、そして羽振りのいい商人など、地元の知的職業人のことなら個人的にもよく知っている。銀行の支店長は彼らから預金を受け入れ、時には融資だって行う。・・・たいていのことは支店長による人柄の品定めに任せられてた。(21ページ)

過去40年間の西側経済の金融化

今日の金融界を支配するのはトレーディングであり、トレーディングが収益と報酬の柱となっている。(29ページ)

 支店長不在の時代

過去30年で投資銀行の世界は、ゴルフの打ち上げで顧客をうまく接待できるような連中が中心だった世界から、デリバティブ証券の価格設定に絡む、難解きわまりない数学問題を解くのが得意な面々が支配する世界へと変容を遂げた」。(投資銀行出身、財務長官経験の)サマーズはこうした変化にについて、明らかに肯定的語っている。

金融危機で明確になったこと

簡略性、モジュラリティ、冗長性というのは、2008年の金融システムがどれひとつとして備えていなかった特徴だ。それどころか、金融化によって複雑性、相互作用、相互依存性がぐんと高まっていた。・・・頑健なシステムというのは普通、直線的だ。・・・仲介業者が業者同士ではなく、エンドユーザーと取引する姿となる。資本配分の仲介業者は通常、借り手か貸し手のニーズ、あるいはその両方に通じていることを基本原則とすべきだ。(308ページ)

現代の金融の本当の姿

金融の使い手でなく、金融市場参加者のニーズに合わせて設計された金融システムの縮図なのである。・・・(個人が)高いリターンを得たいなら確実にリスクを最低限に抑えられる最良の方法は、手数料その他の料金を、なるべく金融業界に支払わないようにすることだ。(282ページ)

 

金融に未来はあるか?

かつて銀行の支店長は町の名士だった。地域の人々と長い人間関係を築き、彼らに融資をした。その対極がトレーディング、である。貸し手と借り手の間に金融機関が何社も介在しかつ金融機関同士で売買を繰り返す。そこでは人間関係は存在せず短期的な取引でしかない。結果として資本配分は借り手・貸し手のニーズではなく、自分たち=金融業者の儲け、のためにワークする様になる。

著者のケイ氏は「金融業界に手数料をなるべく払うな」という。統計的にみて高い手数料を正当化できるだけのリターンを上げていない、という。豪華な本社ビル、美しい応接室、綺麗なパンフレット、そして高給を取る役員、これらのものがすべて手数料に跳ね返っている。金融とは本来借り手と貸し手をなるべく短距離=低いコストで結びつけるもの。もしかしたら昔の銀行の支店長はこれをやっていたのかもしれない。金融とは本来時間がかかり、儲からないビジネスなのである。

蛇足

トレーディングの本質、売買するから価格が上がる(ように見える)

こちらもどうぞ

 

kocho-3.hatenablog.com

 

 

果たして医学は本当に科学と呼べるのだろうか?~『がん‐4000年の歴史‐』シッダール・ムカジー氏(2016)

がん‐4000年の歴史‐ 上 (ハヤカワ文庫NF)

 ムカジ―氏はがんを専門とする医師、患者からがんとは何か、との問いに応えるために、人類4000年のがんとの歴史を執筆する。

 

乳がんの局所的な治療

1927年、所属する医局へのどちらかといえば技術面に関する報告書のなかで(イギリスの医師)ケインズじゃ、局所的な手術に放射線治療を組み合わせた治療経験について概説している。・・・乳がん患者のなかには、「局所切除以上に手術範囲を広げる必要がないと思われる症例もある」・・・・局所手術が根治手術と同じ結果を生んだのなら、(がんは腫瘍から同心円状に転移をするので、乳がんの中心から遠心的に根治的に切除する必要がある、とする)遠心理論もまた最高しなくければならなかった。(355ページ)

乳がんは手術可能か?

そもそも腫瘍が局所に限局しているのなら、局所手術と放射線治療だけでも充分に取り除けるはずであり、リンパ節や筋肉をさらに切除してもなんの利益もないはずだった。それに対して、すでに乳がんが乳房を超えて広がっているのなら、そもそも手術をおこなうこと自体が無意味なはずで、徹底的な手術であればあるほど無意味だった。乳がんというのは局所疾患―その場合には縮小手術で治療可能だ―か、全身疾患―その場合にはどんなに徹底的な手術でも直せない―かのどちらかなのだ。(358ページ)

 最終的な判断は比較実験へ

患者たちは無作為に3つのグループに分けられ、一番目のグループは根治的乳房切除術が、二番目のグループには単純乳房切除術が、三番目のグループには手術後に放射線治療がおこなわれた。・・・1981年、臨床試験の結果がついに発表された。乳がんの再発、死、遠隔転移の確率については、3つのグループのあいだで統計学的な有意差はなかった。根治的乳房切除術で治療されたグループは思い身体的代償を支払ったにもかかわらず、予後に関してなんの利益も得られなかった。根治的乳房切除術が主流だった1891年から1981年までの100年近くのあいだに、約50万人の女性ががんを「根絶する」ためにこの手術を受けた。(365ページ)

がん~4000年の歴史

今日、乳がんの治療のため根治的乳房切除術が施行されることはほとんどない。乳がんが局所に留まっていれば治癒可能であり、転移が始まっていれば治癒不可能である。1890年代には転移を恐れ、根治的乳房切除術、乳房だけでなく、乳房の下の筋肉と所属リンパ節を背切除する方法が考案された。これが標準的な方法となると約90年間疑われることなく続けられた。1927年イギリスの医師が根治的治療は不要ではないか、と主張してもそれが聞き入れられることはなかった。著者のムカジー氏は「外科学は本質的に、部外者には閉ざされた分野だからだ。」比較検証によって根治的乳房切除術が無意味であることが明らかにされるまで50年待たなければいけなかった。

科学もまた一度確立すると権威となってしまう。

蛇足

科学革命は地下、すなわち思想の主流から離れた場所で起きる

こちらもどうぞ

 

 

kocho-3.hatenablog.com

 

我々は何の為に戦っているのか?~『戦闘妖精・雪風(改)』神林長平氏(2002)

戦闘妖精・雪風(改) (ハヤカワ文庫JA)

原作は1984年のSF小説、【 ネタばれ注意】

 南極大陸に突如出現した超空間通路によって、地球への侵攻を開始した未知の異星体「ジャム」。反撃を開始した人類は、「通路」の彼方に存在する惑星フェアリイに実戦組織FAFを派遣した。戦術戦闘電子偵察機雪風とともに、孤独な戦いを続ける特殊戦の深井零(文庫改訂版は2002)

 

異星体ジャム対地球型コンピュータ

ジャムは異星体だ。地球の支配者は人間でなく機械だと考えたとしても不思議ではない。・・・人間はジャムがいきなり一方的に攻めてきたと思っているが、しかし、地球機械はジャムの宣戦を受けているのかもしれないのだ。(110ページ)

 

戦闘妖精 雪風<改>

雪風とは異星体ジャムと戦うための戦闘機械知性体、それを搭載した戦術戦闘偵察機の名前である。要はジェット戦闘機であり、太平洋戦争当時の日本海駆逐艦雪風」に由来する。(「雪風」は16回出撃に成功した奇跡の駆逐艦として知られている。)

本書で主人公の零は戦闘妖精 雪風を駆って、異星体ジャムと空中戦を繰り広げる。ジャムは決して人間には姿を見せない。異星体ジャム対人間の戦いなのか?それとも異星体ジャム対地球型コンピュータの戦いなのか?もしかしたら我々は地球型コンピュータによって代わりに戦わされているだけなのかもしれない。零は何の為に戦っているのか?

我々の社会ではしばしば戦争が様々な比喩に使われる。経済戦争、外交戦争、資源戦争・・・。そこで共通するのは本当に我々は戦わなくてはいけない当事者なのか?戦争という比喩を使うことが本来の意図を隠しているのかもしれない。

30年以上前に執筆された本書は、AIが進んだ今こそリアリティを持つ。

蛇足

SFという想像力は現実を予測する

こちらもどうぞ

 

kocho-3.hatenablog.com

 

宇宙と生命誕生の謎に同時に迫る!~『 地球外生命は存在する! 宇宙と生命誕生の謎 』縣 秀彦氏(2017)

 地球外生命は存在する! 宇宙と生命誕生の謎 (幻冬舎新書)

 「人類が21世紀中に、地球以外の星で生命を見つける可能性は50%以上」(2017)

今実際に解っていること

2014年、国立天文台の大石雅寿博士らの研究チームが、アミノ酸の一歩手前の化合物メチルアミン(CH3NH2)を複数の星間分子雲で発見しました。大石博士らは国立天文台野辺山宇宙電波観測所にある45メートル電波望遠鏡を用いて、星がまさに形成されている領域の分子雲を詳しく調べたところ、アミノ酸のひとつ、グリシンの前段階であるメチルアミンを検出することに世界で初めて成功したのです。(97ページ)

星間分子雲のグリシン生成仮設

生命誕生に関する仮設として、分子雲の中に含まれていた生命材料物質の一部が彗星や隕石によって運搬され、惑星に降り積もり、さらに複雑な進化を経て最初の生命に至ったという考えも唱えられています。つまり、分子雲の中でグリシンがつくられていれば、彗星によって地球にもたらされた可能性もあるのです。それだけではありません。もし、複数の分子雲でアミノ酸が検出されたならば、地球にしか生命は存在しないはずだという古くからの生物学者たちの主張は、見事にその根拠を失うことになるでしょう。(99ページ)

我々はどこからやってきたのか

・・・ある研究グループは、地球上の生命誕生のシナリオを次のように描いています。まずは、ある星雲の中の大質量星形成の現場でつくられた左手型のアミノ酸が、46年前の太陽系形成の際に、原子太陽を取り巻く原子太陽系円盤のガスと塵の中に含まれていた。そして、その塵の集積した微惑星が、ある時期に地球に降り注いだことから地球上には左手型のアミノ酸がもたらされ、何かのきっかけでタンパク質が合成されたというものです。(110ページ)

 

f:id:kocho-3:20170626094306p:plain

 宇宙の生命素材物質の形成過程を解明

・・・生命に必須なアミノ酸であるグリシンの前段階物質と考えられるメチルアミンを、・・・複数の星形成領域において検出することに成功しました。・・・宇宙に豊富に存在する青酸を出発物質とし、段階的に複雑化することを通じてグリシンが作られている可能性が高いことを世界で初めて観測的に示しました。宇宙由来の生命素材物質は、・・・他の惑星系にも生命が存在する期待を高める結果と考えられます

地球外生命は存在する!~宇宙と生命誕生の謎

生命科学の最大のテーマはDNAとRNAがなければタンパク質は合成されず、逆にタンパク質がなければDNAもRNAも合成できないというパラドックスの解消にある。タンパク質合成が最初に起こったのは高温の条件下であったと考えられ、①深海底の熱水領域、②大陸の火山地帯で熱水の存在する所、③生命は宇宙に由来する、が考えられている。生命素材が宇宙から到来するとすれば地球誕生から生命誕生までがわずか6億年程度という短期間で行われたことが上手に説明できると考えられている。

縣氏は「人類が21世紀中に、地球以外の星で生命を見つける可能性は50%以上」と考えている。我々は地球外生命を発見すると同時に、地球の生命誕生の秘密に一気に到達する時代に生きているのかもしれない。SFが現実になる日も近い。

蛇足

ガリレオから400年、次のパラダイムシフトが待っている

こちらもどうぞ

 

kocho-3.hatenablog.com

 

”バカ”、では死なない~『多動力』堀江 貴文氏

多動力 (NewsPicks Book)

すべての産業が「水平分業型モデル」となり、結果〝タテの壁〟が溶けていく。

この、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる「多動力」なのだ

 

失敗した計画も多い

僕はこれまで、空気なんて読まず、クラスの中で真っ先に「はい!」「はい!」と手を挙げるような人生を歩んできた。・・・ニッポン放送とフジテレビを買収し、メディア革命を起こそうと計画した。大阪近鉄バッファローズを買収し、プロ野球をおもしろくしようと考えた。自民党から衆議院候補として出馬し、自民党総裁になってやろうと夢想した。失敗した計画も多いが、成功したプロジェクトのほうが数多い。(194ページ)

リーダーはバカでいい

手を挙げることを恐れることは何もないのだ。リーダー役はバカであっても構わない。リーダーなんて、とにかくやる気と勢いがあれば大丈夫だ。

一人のバカと、多数の小利口という法則がある。プロジェクトを成功させたい強い気持ちをもつ人間がトップにいれば、技術をもった小利口、事務作業が得意な小利口が自然と集まってくる。・・・AIやロボットが人間の仕事を代替するようになったときこそ、「一番最初に手を挙げるバカ」の存在は輝きを増す。アルゴリズムや常識からかけ離れたクレイジーな発想から、爆発的におもしろい仕事が始まる。(196ページ)

 

多動力

堀江氏はTV局の買収、選挙出馬、様々の失敗を憶することなく書いている。人によっては二度と触れて貰いたくない、失敗の歴史である。こうやって文章にしているのを見ると、そもそも失敗とは何だろう、と考えさせられる。

最初に手を挙げれば、自分のやりたい様にできる。全員がバカである必要はない。しかし、バカが居なければ基本的欲求の満たされた世界を変えることはできない。これから私はどれだけバカになれるだろうか?

蛇足

バカ、では死なない

こちらもどうぞ

 

kocho-3.hatenablog.com

 

 

kocho-3.hatenablog.com

 

 

”非自発的雇用”とは奴隷状態のこと~『 ケインズはこう言った 迷走日本を古典で斬る』高橋 伸彰氏(2012)

 ケインズはこう言った 迷走日本を古典で斬る (NHK出版新書)

高橋氏は経済政策の研究者、ケインズなら、日本経済にどのような処方箋を書くか?(2012)

 

 

非自発的雇用

・・・年間2000時間働いても年収200万円にも満たない時給1000円未満のワーキングプアや、無給のサービス残業あるいは週40時間の法定労働時間をはるかに超える長時間労働を強いられても拒否できない正社員などが直面している過酷な雇用状態のことである。(32ページ)

非自発的雇用は経済成長では解決できない

・・・経済全体の需要を増やし、生産量を増やせば雇用量も増える。そして雇用量が増え、所得が増えて、消費が増えれば、物価の下落に歯止めがかかり、税収も増える。その機動力となる需要の創出を、国債の累増やゼロ金利で発動が制約されている財政政策や金融政策に依存せず、シュンペーターがその主著『経済発展の理論』で唱えたイノベーションで実現できるなら、日本経済は“失われた20年”というトンネルから早晩抜け出せることができる・・・非自発的雇用の根因は総需要の不足よりも、労働力を買い叩き、雇用者を搾り取ることで利潤を確保しようとする資本の論理(増殖運動)にあるからだ。(40ページ)

なぜ非自発的雇用が生じたのか?

労働の苦痛に見合う最低限の賃金を下回っても、なお働かざるを得ないことに非自発的雇用の本質があるとすれば・・・・生きていくために働くか、犯罪に手を染めるか、それとも自らの命を絶つかといったぎりぎりの選択を迫られる雇用者は・・・実質的な“奴隷”と言っても過言ではない。・・・1円でも多い利潤の確保がホンネなのに、グローバルな競争における生き残りが大変だとタテマエを盾にして、可能なかぎり人件費を削減しようとする企業とその利害関係者に支持された“民主的政府”による自由放任(労働規制の緩和)政策から生まれたのである。(41ページ)

労働時間の短縮

成長の可能性に雇用の安定と暮らしの安心を求めるのか、それとも成長に固執せず働く機会の確保と暮らしの安心を求めるのか。・・・私は非自発的雇用の解決には労働時間の大幅な短縮が必要だと考えている。・・・・週20時間、1日5時間に短縮するように労働基準法を改めるべきだと考えている。(202ページ)

ケインズは100年後を予測した

重大な戦争と顕著な人口の増加がないもの仮定すれば、経済問題は100年以内に解決されるか、あるいは少なくとも解決のめどがたつであろう。これは、経済問題が人類の恒久的な問題ではないことを意味する。(21ページ)

 

ケインズはこう言った~迷走日本を古典で斬る

非自発的雇用とは高橋氏の造語である。それは資本主義にビルトインされたシステムだから、である。一方で“奴隷”状態を許容する労働者は成熟途上の社会に適合した教育制度・社会制度によって生み出されたと考えるべきであろう。

非自発的雇用はシュンペーターのいうイノベーションによっては取り除けない。高橋氏はワークシェアリングを提案するが、その本質はベーシックインカムであろう。ケインズが予見した様に、我々は経済問題を解決している。ベーシックインカムが導入されれば、誇りを失わず非自発的雇用を拒否できる。それよりも大切なことは我々は経済問題を解決している、非自発的雇用を拒否したとしても、制度としてのベーシックインカムがあろうがなかろうが生きていける、と信じることであろう。“奴隷”状態は拒否できる。

蛇足

私のやっていることは非自発的雇用ではないか?

こちらもどうぞ

 

 

kocho-3.hatenablog.com

 

 

kocho-3.hatenablog.com

 

地球を動かす新しいビー玉を考えよう~『医薬品クライシス―78兆円市場の激震』佐藤健太郎氏(2010)

医薬品クライシス―78兆円市場の激震 (新潮新書)

佐藤氏は医薬品メーカーで創薬研究に従事、現在はサイエンスライター。巨額の投資とトップレベルの頭脳による熾烈な開発競争をもってしても、なぜ新薬は生まれなくなったのか?(2010)

 

創薬は人類最難の事業

製薬業界は、どれくらいの新製品を世に送り出しているか―。驚くなかれ、年間たったの15から20製品にすぎない。・・・これは1社の製品数ではなく、全世界数百社の製品を合わせた数字だ。世界中の巨大メーカーがよってたかって資本を投下し、分子生物学有機合成化学など各ジャンルの最先端の知識を結集して、わずか15種程度なのだ。・・・今や医薬を創り出すのは、人類のあらゆる事業のうち最も困難なこのの一つだという人さえいる。(16ページ)

医薬とはビー玉で地球を動かすこと

医薬の正体は、突き詰めれば原子数十個から成る小さな分子だ。・・・もし医薬品を1㎝の大きさに拡大したとしたら、人間の体は地球よりも大きくなってすまう計算になる。いわば医薬を創るということは、ビー玉で地球を操ろうとう試みに近い。(17ページ)

1990年以降創薬はピークアウトしている

1998年、アメリカ食品医薬局(FDA)は1年間で53品目の新薬を承認したが、2000年以降年間30品目を超えたことは一度もなく、2007年には18品目にまで落ち込んだ。この間、製薬業界全体の研究開発費総額はほぼ倍に伸びているから、単純計算で生産性は1/6に低下してしまったことになる。現在、世界の製薬企業は膨大な利益を稼ぎ出している。が、その利益をもたらしている大型医薬のほとんどは90年代に開発されたもので、その後継品は生まれていない(139ページ)

日本は創薬基盤を持つ国の一つ

現在、医薬を自前で新しく創り出せる能力のある国は、日米英仏独の他、スイス・デンマーク・ベルギーなど、世界でも十か国に満たない。広い範囲の、ハイレベルな学問を修めた人材が数多くいないと、製薬産業は成立いないものだからだ。・・・医薬を創り出せる能力は、研究者の層の厚さを示す重要な指標だ。日本が新薬を創り出せる数少ない国家の一つであり、世界の人々の健康に大いに貢献していることは、我が国がもっと世界に誇ってよいことではないかと思う。(48ページ)

 

医薬品クライシス~78兆円市場の激震

医薬は天然の物質から医薬を探してくる手法から始まった。天然由来を一通り試し終えた後は化学の手法によってフラスコ内で新しい化合物を作り、徐々に改良していく「合成法」が勃興した。そして現在はバイオテクノロジーを活用して新たなタンパク質を作り出す方向に向かっている。医薬を産業として見た場合合成法によって作られた医薬が中心であるが、その後の新薬の創出スピードはスローダウンしている。

最大の理由は合成法で創れる薬はすでに登場、残ったのは癌やアルツハイマー病など難度の高い疾病ばかりになったことである。

他の産業が流行や改善によって新製品が生み出されるのに対し、医薬においては新しい疾病に効かない新製品は必要ない。医薬品の新薬創出スピードの低下は他産業においても同様に発生していると考えるべきである。

日本は相対的に大きな市場と知的基盤である。これは他産業においても当てはまる。我々は新しいことをできる立場にいるのである。医薬が難病への薬の開発という困難に立ち向かっているのと同様、我々もそれぞれの分野で難問に取り組むことが求められている。たとえ短期的に結果が出なくてもいつかは次世代のブレークスルーを実現する。我々はそれぞれの産業で、新しいビー玉を創り出すことを考える必要がある。

蛇足

不老長寿が人類最難関のテーマ

こちらもどうぞ

 

kocho-3.hatenablog.com