読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日1冊、こちょ!の書評ブログ

2013年8月から毎日、「そうだったのか」という思いを綴ってきました。

世界最大のバイオ企業成功の秘訣、それは科学~『世界最高のバイオテク企業』G・バインダー氏

 

世界最高のバイオテク企業

アムジェンは、今でもユニークな企業だ。研究開発に会社の将来を先導させる意思決定をはじめ、多くの企業とは異なるスタイルをもつ。製品開発の方向性を決める「科学」に根ざしたアムジェン流イノベーション経営の要を、元CEOのゴードン・バインダー氏がアドバイスする。(2015)

アムジェンとは

アムジェンは、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルス郊外のサウザンドオークスに本社を置く世界最大の独立バイオテクノロジー企業である。1980年に AMgen (Applied Molecular Genetics) として3人で創業。現在は社員数約2万人。リコンビナントDNA(遺伝子組み換え)技術や分子生物学的技術を軸に医薬品の開発、製造、販売を行っている。2012年の売上高は173億ドル(世界の医薬品売上ランキング13位)。

科学に基づく会社

アムジェンはかつても今のユニークな存在だ。研究開発に会社の将来を先導させるという意思決定をはじめ、世の中の大半の(製薬)会社とは異なるやり方でやってきた。通常のやり方とは、例えば糖尿病とか関節リウマチとか対象とする市場を決めて、次に患者のためになる医薬品や装置を開発というものだ。ところがアムジェンでは、どのような製品を開発すべきかを決めたのは科学である。通常のやり方でもかなり成功することは可能だったと思われるが、それでは真の革新者の地位を築くことはできなかっただろう。(14ページ)

科学に基づけ~アムジェンの価値観より

我々の成功はビジネスの全ての面において、科学的手法の応用による革新、誠実さ、継続的改善の実践に依存している。科学的手法とは、正しい実験をし、データを収集して分析し、合理的な意思決定をするという多段階のプロセスである。主観や感情を排した、論理的でオープンで合理的なプロセスである。どの部門も科学的手法の尊重が求められる。(19ページ)

 

優秀な人材

優秀な人材は次のようなメリットをもたらしてくれる。

・勝利するチームでプレイしたいとおいう他の有能な専門家をその組織に引き寄せる

・望ましいライセンシングの機会を引きつける

・提携において最も成功している企業のい関心を持たせる。

確かに、アムジェンの人材は長年にわたる成功の鍵の一つである。(89ページ)

世界最高のバイオテク企業

アムジェンは世界最大のバイオに特化した製薬会社である。本書の著者バインダー氏は黎明期からCFO、そして2代目のCEOとなった経歴を持つ。

本書ではアムジェンが創業したとき、遺伝子組み換え技術を中心にした製薬メーカー、というコンセプトは決まっていたが何を開発するか、は決まっていなかったという。更に驚くべきはアムジェンはバイオベンチャーでは第二世代、つまり既に競合が存在していた。最初の開発品であるEPOと呼ばれる遺伝子組み換えによるホルモン製剤の導入にあたっても、アムジェンが優先的に交渉できた訳ではなかった。

それではアムジェンが成功した要因は何だったのか?バインダー氏は科学をに基づく、科学者を大切にする、という姿勢こそが成功の要因であったと言う。アムジェンが特別すごい技術を持っていた訳でもなく、他社より先行していた訳でもない。そこにあるのは科学者=社員を大切にする、というシンプルなスタンス、である。優秀な科学者を引き寄せる正攻法であった。テクノロジーの権化の様なバイオテクノロジーの会社にあったもの、会社の理念を貫徹する経営スタンスであった。

蛇足

著者バインダー氏の出身は科学者ではない

こちらもどうぞ

 

kocho-3.hatenablog.com