毎日1冊、こちょ!の書評ブログ

2013年8月から毎日、「そうだったのか」という思いを綴ってきました。

政治・社会

”非自発的雇用”とは奴隷状態のこと~『 ケインズはこう言った 迷走日本を古典で斬る』高橋 伸彰氏(2012)

ケインズはこう言った 迷走日本を古典で斬る (NHK出版新書) 高橋氏は経済政策の研究者、ケインズなら、日本経済にどのような処方箋を書くか?(2012) 非自発的雇用 ・・・年間2000時間働いても年収200万円にも満たない時給1000円未満のワーキングプアや…

そもそも世界秩序は安定しないもの~『 リヴァイアサン』長尾龍一氏(1994)

リヴァイアサン (講談社学術文庫) 世界の部分秩序である国家を、「主権」という、唯一神の「全能」の類比概念によって性格づける国家論は、基本的に誤った思想である。(1994) 主権国家は誤りである 世界の部分秩序である国家を、『主権』という、唯一神の…

アメリカのリベラルは何を読み間違ったのか?~『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか? 』西森マリー氏(2017)

ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか? アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実 (星海社新書) トランプ台頭、及びトランプ支持者を分析する本は既に数多く出版されていますが、その全てがリベラルな視点から書かれたもので、多くはまるで科学者が下…

我々の社会は未だ直系家族的であった~『エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層 』鹿島茂氏(2017)

エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層 (ベスト新書) 鹿島氏はフランス文学者、あらゆる問題は、トッドの家族システムという概念で説明ができる!(2017) トッドの家族人類学理論 ・・・結論から先にいうと、トッドの家族人類学理論の勘どころは、従来、…

無頼とはルーティーンに埋没しない人のこと~『 ヤクザと日本―近代の無頼』宮崎学氏(2008)

ヤクザと日本―近代の無頼 (ちくま新書) 宮崎氏はノンフィクション作家、ヤクザとは、法の支配がおよばない炭鉱・港湾などの最底辺社会に生きた者たちが、生きんがために集まり発展したのが近代ヤクザの始まりといえる。(2008) 1884年賭博犯処分規則が布告…

近代化はいつ始まったのか?~『近代化の理論 』富永健一氏(1996)

近代化の理論 (講談社学術文庫) 富永氏は社会学の研究家、多面的に「近代化」をとりあげ、その起源を小封建領主割拠の中世から国民国家に統合された西洋の歴史に求める。(1996) 近代化 西洋史上での近代化はルネサンスと宗教改革と地理上の発見に始まった…

なぜUFOが話題にならなくなったのか?~『UFOとポストモダン』木原善彦(2006)

UFOとポストモダン (平凡社新書) 木原氏は現代アメリカ文学の研究者、 初期の宇宙人は優れた科学を持つ金髪の白人だったが、灰色の肌をした吊り上がった目の邪悪なものへと姿を変え、ポストモダンの時代には節足動物や昆虫になってしまった。これはいったい…

我々が欲している「間主体的な欲望」とは?~『動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 』東 浩紀氏(2011)

動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書) 東氏は批評家、2001年当時「オタクから見た日本社会」であったが、いまでは「オタク」という言葉をつける必要がなくなっている。(2001) 動物化とは 欲求とは、特定の対象をもち。それとの…

本当に欲しいものは何か?~『きみと地球を幸せにする方法』植島啓司氏

きみと地球を幸せにする方法 (知のトレッキング叢書) 植島氏は宗教人類学の研究家、これからの理想的な生き方、社会のあり方を想像する。(2016) 望ましい地球の姿・・・この地球がどうなればもっとも好ましいか考えてみよう。そのためにはまず自然と人工と…

100歳になったあなたが、今のあなたに言いたいこと~『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』L・ロンドシュタット×A・スコット

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) L・ロンドシュタットは人材論・組織論の研究家、 みんなが足並みをそろえて教育、勤労、引退という3つのステージを生きた時代は終わった。(2016) 長寿が当たり前になる 平均して、私たちは親の世代より長く、祖父母の世代に比…

中国人留学生は日本の学歴を爆買い中!~『中国人エリートは日本をめざす - なぜ東大は中国人だらけなのか? 』中島 恵氏(2016)

中国人エリートは日本をめざす - なぜ東大は中国人だらけなのか? (中公新書ラクレ 565) 中島氏はジャーナリスト、「日本を一流大学を卒業して、日本の一流企業に就職する。そして将来は日本に永住したい」、 中国人エリートは、日本の何にあこがれているのか…

21世紀とは誰もが不安な時代~『 二十一世紀をどう生きるか―「混沌の歴史」のはじまり 』野田宣雄氏(2000)

二十一世紀をどう生きるか―「混沌の歴史」のはじまり (PHP新書) 野田氏はドイツ近代史の研究家、家族も職業も国家も拠り所にならない、不安と混乱の時代が到来する。(2000) 既に紹介した「20世紀をどう見るか」の続編 これまでの時代 近代の2、3世紀にわた…

どうしてジャングルの破壊は終わらないのか?『生物多様性〈喪失〉の真実――熱帯雨林破壊のポリティカル・エコロジー』JHヴァンダーミーア氏×Iペルフェクト氏(2016)

生物多様性〈喪失〉の真実――熱帯雨林破壊のポリティカル・エコロジー 熱帯林、バナナのモノカルチャーと先進国をつなぐ環境破壊の原因ネットワークを描く。(2010) 熱帯雨林と生物多様性の重要性は誰でも気づくが、、、 新製品を生む可能性、炭素吸収源とし…

GDPとは人間の感情の総和である~『人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長』吉川 洋氏(2016)

人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長 (中公新書) 吉川氏はマクロ経済学の研究家、人口減少が進み、働き手が減っていく日本。もはや衰退は不可避?そんな思い込みに対し、長く人口問題と格闘してきた経済学は「否」を突きつける。(2016) CPIで…

人類はいつまで成長できるか?~『3つの循環と文明論の科学』岸田一隆氏(2014)

3つの循環と文明論の科学―人類の未来を大切に思うあなたのためのリベラルアーツ 岸田氏の研究テーマは(古い順に)素粒子物理学・原子核物理学・科学コミュニケーション、人類は成長し続けられるのか? 本書のテーマ 人類は、「物質・エネルギー」「産業」「…

情報にとって国境は意味を持たない~『〈情報〉帝国の興亡 ソフトパワーの五〇〇年史』玉木俊明氏

〈情報〉帝国の興亡 ソフトパワーの五〇〇年史 (講談社現代新書) 玉木氏はヨーロッパ近代史の研究家、 17世紀オランダの活版印刷、19世紀イギリスの電信、20世紀アメリカの電話――、世界史上のヘゲモニー国家は、情報革命の果実を獲得することで、世界の中核…

情報にとって国境は意味を持たない~『〈情報〉帝国の興亡 ソフトパワーの五〇〇年史』玉木俊明氏

〈情報〉帝国の興亡 ソフトパワーの五〇〇年史 (講談社現代新書) 玉木氏はヨーロッパ近代史の研究家、 17世紀オランダの活版印刷、19世紀イギリスの電信、20世紀アメリカの電話――、世界史上のヘゲモニー国家は、情報革命の果実を獲得することで、世界の中核…

銀河鉄道999の描く夢とは何か?~『夢見られた近代』佐藤健志氏(2008)

夢見られた近代 佐藤氏は評論家、「欧米の夢に適応するための努力を強いられてきた過程」である「近代」、「物語」を通して問う、空虚なる日本の真因。(2008) 内容(「BOOK」データベースより) 私たちの生きた「近代」は、本当の近代だったのか。いま、日…

地方公共団体とは何か?~『 君は憲法第8章を読んだか』大前研一氏(2016)

君は憲法第8章を読んだか 第8章は「地方自治」を謳いながら、結局は中央政府がすべての権限を握り、中央の意向に従う者だけに目こぼしする歪な政治の論拠となっている。(2016) 地方公共団体とは? 日本という国をより良くするための憲法改正を目指すなら、…

誰がハイパーインフレの恐怖を煽ってきたか?~『日本を救ったリフレ派経済学』原田泰氏(2014)

日本を救ったリフレ派経済学 (日経プレミアシリーズ) 原田氏は”リフレ派”の論客の一人、「現実」を疑う人々が俗説を流し、国民の不安を煽り続ける。(2014) 金融緩和と銀行の利益の関係 日本銀行がインフレターゲット政策を採用し、消費者物価上昇率が2%ま…

宮型霊柩車はどうしてあの様な意匠なのか?~『新版 霊柩車の誕生』井上章一氏(1987)

新版 霊柩車の誕生 (朝日選書) 井上氏は文筆業、本書が1987年の処女作、霊柩車はいつ誕生したのか? 大正4年(1915年)霊柩車の登場 大正期にはいり、葬列が衰弱していく。葬儀屋は、なんとかこの傾向を押しとどめようとするが、時勢はいかんともしがたい状…

途上国と先進国、人間に根本的差はあるか?~『貧乏人の経済学 - もういちど貧困問題を根っこから考える』バナジ―氏×デュフロ氏(2012)

貧乏人の経済学 - もういちど貧困問題を根っこから考える バナジー氏とデュフロ氏はインドの貧困撲滅の研究者、「貧乏な人たちに耳を傾け、その選択の論理を理解」した新・開発経済学入門。(2012) 貧困の罠 所得や財産を急速に殖やす手立てが、ほとんど投…

今も世界は高度成長を続け、貧困者は減少している~『大脱出――健康、お金、格差の起原』A・ディートン氏(2014)

大脱出――健康、お金、格差の起原 ディートン氏はノーベル経済学賞を受賞した、経済成長論の研究家。 成長と健康の関係を丹念に分析することで、格差の背後にあるメカニズムを解き明かす。(2014) 経済成長の基盤は何か? (経済学者で人口統計学者の)サイモ…

国際節税スキームと生活保護制度を比較する~『税金を払わない巨大企業』富岡幸雄氏(2014)

税金を払わない巨大企業 (文春新書) 富岡氏は国税勤務を経て、税制の研究者。 日本の法人税は本当に高いのか?ソフトバンク0.006%、ユニクロ6.92%巨大企業の驚くべき税負担の軽さ。(2014) 多国籍企業に対する税制の不備 ・巨額な受取配当収益を、二重課税…

獄中記はどうして興味をそそるのか?~『暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄』 顔伯釣氏×安田峰俊氏(2016)

「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄 (文春新書) 顔伯釣氏は10万人を動かした中国最大の民主化勢力の元幹部、編訳の安田氏はルポライター、 逃亡2万キロの全記録(2016) 現代の中国 現代中国を襲う深刻な社会問題は、中進国のジレンマとい…

米軍の変化に注目せよ!そこにビジネスの未来が見えてくる~『教養」として身につけておきたい 戦争と経済の本質』加谷桂一氏(2016)

「教養」として身につけておきたい 戦争と経済の本質 加谷氏は著述業、個人投資家、経済と戦争遂行能力は直結しており、強い経済を持つ国は、圧倒的に有利に戦争を遂行できる。(2016) 米軍とは? 世界最大の経済大国である米軍の軍事費は突出しており、年…

リベラリズムとは正義の味方、スーパーマンの思想、である~『 リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門』井上達夫氏

リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門 井上氏は法哲学の研究家、真のリベラルは、今いかに考えるべきか。(2015) 橘氏が引用しており、本書を知る。 啓蒙 啓蒙主義というのは、理性の重視ですね。理性…

重要なこと、「相手の身になって考えてみよう」~『「リベラル」がうさんくさいのには理由がある』橘玲氏(2016)

「リベラル」がうさんくさいのには理由がある 誤解と差別とダブルスタンダード!世界標準からかけ離れたニッポンの「リベラル」(2016) 「民主主義」をやめることから始めよう デモクラシー(democracy)は神政(テオクラシーtheocacy)や貴族政(アリストク…

世界を、自分の基準でしか見ていないのではないか?~『 ポスト西洋世界はどこに向かうのか: 「多様な近代」への大転換』Cカプチャン氏(2016)

ポスト西洋世界はどこに向かうのか: 「多様な近代」への大転換 カプチャン氏は米国民主党に影響力を持つ国際政治学の研究家、はじめて、「誰のものでもない世界」が到来している。(2016) ポスト西洋社会 こんにち、われわれが目撃しているのは、世界が西洋…

もはやグローバル化は単純な欧米化、ではない~『大収斂 - 膨張する中産階級が世界を変える』K・マブハニ氏(2015)

大収斂 - 膨張する中産階級が世界を変える マブバニ氏はシンガポールのインド系移民として生まれ、長らくシンガポールの外交官として活動。 先進国の経済格差が広がる一方で新興国の中産階級が爆発的に増大する!(原書は2012、2015) 193人の船長のいる地球号…

人生の選択において最良の結果を得る方法~『Who Gets What―マッチメイキングとマーケットデザイン』アルビン・ロス氏(2016)

Who Gets What (フー・ゲッツ・ホワット) ―マッチメイキングとマーケットデザインの新しい経済学 アルビン・ロス氏は「マーケットデザイン」の研究で先進的な成果を挙げ、2012年のノーベル経済学賞を受賞した。(2016) マッチメイキング マッチングとは、私…

人は自分で自分のやりたい事を決めなければならない~『階級「断絶」社会アメリカ: 新上流と新下流の出現』チャールズ・マーレー氏(2012)

階級「断絶」社会アメリカ: 新上流と新下流の出現 マレー氏は米国のリバタリアンの立場に立つ政治学の研究者。 経済力だけでなく、倫理観、価値観においても圧倒的な「階級格差」が生まれてしまったアメリカの現状を、リバタリアンの論客が詳細に分析した一…

イノベーション信仰は日本と米国だけではない~『国家がよみがえるとき 持たざる国であるフィンランドが何度も再生できた理由』古市 憲寿氏(2015)

国家がよみがえるとき 持たざる国であるフィンランドが何度も再生できた理由 古市氏は社会学の研究家、フィンランドと日本、社会学者が“折れない国家”フィンランドの秘密を探る社会文化論。(2015) イノベーション信仰~カティア・ヴァラスキビ(フィンラン…

再び戦争と難民の世紀を繰り返すのだろうか?~『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛 』池内恵氏(2016)

【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛 (新潮選書) 池内氏は現代イスラム政治史の研究家、いまや中東の地は、ヨーロッパへ世界へと難民、テロを拡散する「蓋のないパンドラの箱」と化している。(2016) サイクス・ピコ協定は、第一次世界大戦…

そうか私も含め誰もが希望難民だったのか!~『希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想』古市憲寿氏(2010)

希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 (光文社新書) 古市氏は社会学の研究者、「コミュニティ」や「居場所」は若者や生きづらさを抱えた人を救う万能薬なのか?(2010) 近代とは 明治以降、日本はヨーロッパを真似て「近代化」をはじめた。そ…

日本人論は西洋文化圏にいる日本人の精神安定剤だった~『「日本人論」再考』船曳建夫氏(2010)

「日本人論」再考 (講談社学術文庫) 船曳氏は文化人類学の研究家、明治以降、夥しい数の日本人論が刊行されてきた。そこには、私たちを繰り返し襲う「不安」がある。(2010) 日本人論仮説 「日本人論」とは、近代の中に生きる日本人のアイデンティティの不安…

主権国家はいつ誕生したのか?~『世界史の逆襲 ウェストファリア・華夷秩序・ダーイシュ』松本太氏(2016)

世界史の逆襲 ウェストファリア・華夷秩序・ダーイシュ 松本氏は駐シリア臨時代理大使、止まらない殺戮の連鎖。人間は野蛮な時代に戻るのか?(2016) 現在の国際秩序 現在の国際秩序が、1648年以降のウェストファリア体制というヨーロッパ近代の枠組みの中で…

主権国家はいつ誕生したのか?~『世界史の逆襲 ウェストファリア・華夷秩序・ダーイシュ』松本太氏(2016)

世界史の逆襲 ウェストファリア・華夷秩序・ダーイシュ 松本氏は駐シリア臨時代理大使、止まらない殺戮の連鎖。人間は野蛮な時代に戻るのか?(2016) 現在の国際秩序 現在の国際秩序が、1648年以降のウェストファリア体制というヨーロッパ近代の枠組みの中で…

日米は疑似植民地主義的な安全保障関係である、という視点~『日本‐呪縛の構図:この国の過去、現在、そして未来』R・T・マーフィー氏(2015)

日本‐呪縛の構図:この国の過去、現在、そして未来 上 マーフィー氏は国際関係・経済学の研究家、在日40年、この国を愛してやまないアメリカ人大学教授が描く「Japan」の肖像とは?(2015) 第二次世界大戦後 日本とその植民地の台湾と朝鮮(少なくともその南…

私の知らない日本の姿がここにある~『オキナワ論 在沖縄海兵隊元幹部の告白』R・D・エルドリッヂ氏(2016)

オキナワ論 在沖縄海兵隊元幹部の告白 (新潮新書) エルドリッヂ氏は歴史学者,「NO」しか言わないオキナワのままでいいのか?(2016) もともとエルドリッヂ氏は歴史学者 もともと私は日米関係を専門とする歴史学者で、日本での暮らしはすでに四半世紀以上にな…

自己責任とは、強者の自己保身である~『この国の冷たさの正体』和田秀樹氏(2016)

この国の冷たさの正体 (朝日新書) 和田氏は精神科医、なぜこの国はかくも殺伐としているのか?個人、組織、そして国家、どの位相でもいびつな「自己責任」の論理が幅を利かせる。 「自由」よりも強者の下で威張ることをえらび、 「平等」より水に落ちた犬を叩…

社会は思ったより長期的な視野には立っていない~『日本軍はなぜ満洲大油田を発見できなかったのか』岩瀬 昇(2016)

日本軍はなぜ満洲大油田を発見できなかったのか (文春新書) 昭和初期の北樺太石油、満洲国建国時の油兆地調査、そして南方油田。そこには確かに石油があったはずなのに、日本はモノにできなかった。(2016) なぜ満州大油田を発見できなかったのか? 満州で…

株価と政権支持率の相関関係が示すもの~『資本主義の克服 「共有論」で社会を変える』金子 勝氏(2015)

資本主義の克服 「共有論」で社会を変える (集英社新書) 資本主義に、制度やルールの空白が生じ、「独占」が生まれている。(2015) 株価と内閣支持率の関係 株価が上昇している時は内閣支持率が高まり、株価が下落すると、内閣支持率が低下する。株価が落ち…

為替水準は金融政策が決めている、という当たり前のこと~『戦後経済史は嘘ばかり』高橋洋一氏(2016)

戦後経済史は嘘ばかり (PHP新書) 高橋氏は財務省出身のマクロ経済政策の研究家、実は、高度成長の要因はほとんど為替だった!?(2016) 固定相場制 固定為替相場についての最大の誤解は、相場を決めれば自動的に相場が維持されると思っている人が多いことです…

共同体が解体された時、社会はどうなるのか?~『シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧』E・トッド氏(2016)

シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧 (文春新書) トッド氏は歴史人口学者、2015年1月パリで起きた『シャルリ・エブド』襲撃事件自体ではなく、事件後に行なわれた大規模デモの方です。「表現の自由」を掲げた「私はシャルリ」デモは、実は自己欺瞞的で…

自分の頭上の、何もない、高くて広い空を見上げることはできる~『新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか』北野 武氏(2015)

新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか 「時代を作る人は、いつだって古い道徳を打ち壊してきた。誰かに押しつけられた道徳ではなく、自分なりの道徳で生きた方がよほど格好いい。 自分なりの道徳とはつまり、自分がどう生きるかという原則…

絶対貧困という極限状態で、人はどう生きるか?~『絶対貧困―世界リアル貧困学講義』石井光太氏(2011)

絶対貧困―世界リアル貧困学講義 (新潮文庫) 石井氏は貧困地域をルポタージュする。絶対貧困──世界人口約67億人のうち、1日をわずか1ドル以下で暮らす人々が12億人もいるという。だが、「貧しさ」はあまりにも画一的に語られてはいないか。スラムにも、悲惨な…

「巧言葉令色少なし仁」は逆さまである~『悪人正機 』糸井重里氏×吉本隆明氏(2004)

悪人正機 (新潮文庫) 糸井重里が、吉本隆明から引き出すコトバの数々。驚きに充ちた逆説的人生論. (2004) 悪人正機 悪人正機(あくにんしょうき)は、浄土真宗の教義の中で重要な意味を持つ思想で、「“悪人”こそが阿弥陀仏の本願(他力本願)による救済の主…

国家にしかできない、税金を徴収するということ~『お金の流れでわかる世界の歴史』大村大次郎氏(2015)

お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力・・・・・・はこう「動いた」 大村氏は国税調査官出身のライター、ローマ帝国滅亡は、徴税システムの破綻が原因だった。(2015) 徴税システムの重要性 古代から現代まで、その国の王や、政府にとって、一番、…

産業革命は急激な人口増加をもたらしていた!~『産業革命 (世界史リブレット)』長谷川 貴彦氏(2012)

産業革命 (世界史リブレット) 長谷川氏はイギリス近代史の研究家、産業革命によってエネルギーの石炭へのシフトが進み、人口の増大と経済成長を調和的な形で進行した。産業革命は人びとの生活にどのような影響を与えたのだろうか。(2012) エネルギー革命 …